--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
02/21/2009    型取り1
こんばんわ。ドッグミンチです。



今日から数日間蛇の巣の型取りの様子をお送りします。

RIMG0271.jpg
フィギュアサイズならシリコンをブロック状にして型取るところですが、こいつは最大幅30センチくらいあるので同じやり方だとシリコンが20キロ近く必要になってしまいます。
このくらいのサイズのものなら

表面に薄くシリコンを塗る→ガーゼで補強→石膏でジャケット(支持体)を作る

という方式を取るのが普通です。
今回はシリコン2分割、石膏ジャケット3分割の予定。

RIMG0275.jpg
型取りに必要な物はとりあえずこんな所です。

・シリコン(信越シリコン KE-12)
・硬化剤
・ラッカーシンナー
・ブタバケ
・ガーゼ
・割り箸
・ゴム手袋

あと、画像には写ってませんが
・分割用の油土、または水粘土
・Kカラー(シリコン用着色剤)
・エアロジル(シリコンの増粘剤。微細なガラスの粉末)
・クリアラッカー(シリコン同士の離型用)
を用意。

RIMG0272.jpg
よし!気合入れて型取るか!
と思ったらシリコンも硬化剤も寒さで固化している…
オーブンで予熱。時間の無駄だ…冬は嫌だなあ。硬化も遅くなるし。

RIMG0273.jpg
予熱の間、分割用の壁を油土で作ります。
ダボ打ちとか超テキトーですが…合えばいーんです。
原型も油土だから、同化を防ぐ意味でも水粘土が良かったんですけどまだ買ってないんですよ…
新しい作業場は作業始めちゃってから「あっ!アレが無い!」って気が付きますよね。

RIMG0276.jpg
シリコンも十分温まりましたので、硬化剤投入。
一応主剤に対して硬化剤2,3パーセントって書いてありますが、こいつは何やってもたいがい固まるのでいちいち計量とかしません。
硬化を早めるために多めに入れます。

RIMG0277.jpg
気泡の巻き込みを避けるため、出来るだけ高い所から細ーくしてたらします。
あんまりゆっくりかけると粘性が上がって逆に気泡の元になるので注意。
大体全体にかかったらブタバケで塗り広げましょう。

RIMG0278.jpg
粘性があがるより前にエアーで細部にシリコンを押し込みます。
こんな時ハンドピースしか無いと不便…
ダスターでブシュッと行きたいですねえ。

RIMG0279.jpg
1層かけただけではエッジの鋭い部分が表面に出てしまいます。(画像の丸つけた部分)
2層目をかける前に、半硬化でペースト状になってるシリコンを塗り重ねます。
ラッカーシンナーを水代わりにして筆塗りすると良い感じ。あんまりジャブジャブつけるとシリコンがブヨブヨにふやけます。

RIMG0281.jpg
1層目がかけ終わりました。
とりあえず今日はここまで…
やっぱり1日3,4時間ではなかなか進まんなあ。
あまり時間を空けると2層目が剥離するんで一気にやりたいところなんですが。
冬は硬化が遅くて嫌だ…


では、また明日~(^^
02/18/2009    粘度原型完成
こんばんわ、ドッグミンチです。

最近時間が加速してきた気がする…一巡後の世界まであと少しなくらいに…
25回ると30までは早いよ~と、会う人皆に言われます。
これからの5年は重要ですね…



さて引越しやら事故やら風邪やらなんやらで伸びまくっている蛇の巣ですが、なんとか粘度原型完成まで来ましたよ!
次は型取り、ポリ張り込みです。こまごまとした注意点が一杯ある工程なので、記事が充実するかと…
もう少しお待ち下さいm(_)m

RIMG0246.jpg
RIMG0251.jpg
01/17/2009    蛇の巣経過報告
こんばんわ。ドッグミンチです。
なんだかんだで、これからはドッグミンチで統一します。


ついに会社で念願の原型仕事をやらせて頂ける事になったのですが、自分の使えない子っぷりに情けないやら恥ずかしいやら…
本気で悔しいです。なんかこう、何が足りないんだろ…はあ…


で、年末年始やらで遅れに遅れてしまっている蛇の巣の経過報告をさせて頂きます。
クライアントのU様、お待たせしてすみませんm(_)m

RIMG0140up.jpg
RIMG0144up.jpg
RIMG0143up.jpg
アゴを上げて、蛇が入りやすいようとの修正はこんな感じです。
あご上げるとどうやってもコケてしまうので、下あごを半分だけ追加。

形はこんな所でしょうか。今はヒビとか表面のデティールを入れて行ってるところです。
右側面のほうが70パーセントくらい入ってます。
あとはここからどう特色を出していくかですが…ヒビだけでもそれなりにかっこよくなるとは思うんですがどうでしょうね?
次も進んだら報告します。

短いですが本日はこれで。お疲れ様です。
12/16/2008    粘土の選択
こんばんわ、真鍋です。

前回の記事で田亀源五郎が好きって書きましたけど、僕は別にゲイではありません。
ゲイじゃないよ!メールとか送ってこないでね!



さて蛇の巣ですが、大きさがあるので原型を油土でやると決めたんですが油土って言ってもいろいろあります。
レオンクレイ、リージャークレイ、NSP、インダストリアルクレイ…


レオン→柔らかい。粒子が荒い。1メートル超の物向き
リージャー→レオンよりは硬い。一昔前の特殊メイク用油土。コンロで溶かして流し込みが出来る。
NSP→リージャーより硬い。現在の特殊メイクの主流。同じく流し込み可。
IDクレイ→工業製品(携帯、カーモデル等)の試作に用いられる。とにかく硬い。流し込みは不可。

ちなみに特性はこんな感じ。



知り合いにもらったリージャーが大量にあったんで最初それでやってたんですが、無理!2,3センチ以下の厚さになるとヘラで押さえただけでグニャっと行きます。ありものでやれば材料費かかんないしな~とか、楽しようと思ったらだめですね。却下。
NSPは手持ちが少なくて、新しく買おうにも高い。財政難。却下。

結局IDクレイにしました。アルテ65と言うやつです。その名の通り65℃で溶けます。
実はIDクレイって初めてなんですが、これは楽しい!硬さはちょっと柔らかめのワックスみたいな感じ。
温めれば普通に指で形作れるし、掻き取るときの感覚が良いです。何ていうの?ソリッド?モリモリ形作れます。
よくIDクレイ使ってる人が「ああ、クレイを掻き取りたい!掻き取りたいい~!」って言ってるのがよく分かりました。もうスカルピーとか触りたくないですね。いや、嘘です。スカルピー最高。

KIF_2886.jpg
とりあえずこんな所。人ベースとはいえ、ちょっと人寄りすぎるか。もう少し形整ったら特長を出して行きたいです。


KIF_2888.jpg
新しくツールも作っちゃいましたよ。スカ用のツールだとバリバリ折れるんで、太めの糸ノコ刃で作りました。ガリガリ!削るよ!楽しい!

では、本日はこれにて。また。
12/11/2008    蛇の巣と日雇い人夫
こんばんは、真鍋です。


ここ数日はちょっと入り用になったので、日払いの派遣バイトに行ってました。
今何かと話題の派遣労働。いいですね、日雇い人夫。星一徹みたいで。


警備員とかフード系とか色々あったんですが、せっかくなので普段絶対にやらない様な仕事にしました。ラインの仕分けです。
ラインで箱詰めされた商品を、出来るだけ隙間なくコンテナに詰めていくのが仕事。
まあテトリスみたいなもんです。

最初は「おお、ベルトコンベアかっこいい!巨大装置!ロマン!クロガネの塊!」…などと内心はしゃいでいたのですが、一時間で見事に飽きた。
ラインで箱詰めしてるオネーさんが、それなんて忍法?ってくらいすごい勢いで作業してたのは見てて飽きなかったですけど。一箱作るのに20秒くらい?シバババッ!って。
一日二日やる分にはいいけど、毎日やってたら多分一月で発狂する感じです。
とりあえず今月一杯造形のバイトが入ったので、明日からそっちに行きます。こういう急な予定変更にも対応できるのが長所ですね。規制とかやめてくれよ~。セーフティネットになってる面もあるんだから。



で、タイトルの蛇の巣ですが、とある爬虫類コレクターの方からの依頼で蛇のシェルターを作ることになりました。かなりでかいヤツらしく(80センチのパイソン)大きさは20cm四方くらい。モンスターの頭骨っていうイメージだそうです。

イメージ決定まで紆余曲折ありまして、僕は最初「ガツンとヤヴァイかんじで」と言われたので、最近大好きな田亀源五郎大先生みたいなガチホモ肉体改造系のおっさん肉人形を構想していました。
こんな感じ←ソッチ系に耐性の無い方、BLとか好きな方は絶対に見ないで下さい。死にます。
イメージを送った所「ふざけんなボケ」と言われました。そりゃそうか。
でもこれはこれで一度作ってみたいですね。ワンフェスとか出したら売れるかな?売れねーか。


と言うわけで、蛇とイメージ的にマッチするモンスタースカルで決定したわけです。
先方のイメージでは割と人ベースのモンスターで、中二病っぽいものが良いそうです。
原型は油土、石膏ジャケットのシリコン型取り、成形は生態への影響を考慮して樹脂石膏を予定しています。着色が悩みますね…ラッカーでは悪影響だし、水性塗料では水洗いできないし…染料かなあ。
上のほうでも書きましたが、今月一杯はバイトが入ったのでゆっくり進行になりそうです。
出来てきたら写真アップします。引っ張っといてなんですが、まだ出来てませんの…すんません。

では、本日はこのへんで。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。