--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
02/21/2009    型取り1
こんばんわ。ドッグミンチです。



今日から数日間蛇の巣の型取りの様子をお送りします。

RIMG0271.jpg
フィギュアサイズならシリコンをブロック状にして型取るところですが、こいつは最大幅30センチくらいあるので同じやり方だとシリコンが20キロ近く必要になってしまいます。
このくらいのサイズのものなら

表面に薄くシリコンを塗る→ガーゼで補強→石膏でジャケット(支持体)を作る

という方式を取るのが普通です。
今回はシリコン2分割、石膏ジャケット3分割の予定。

RIMG0275.jpg
型取りに必要な物はとりあえずこんな所です。

・シリコン(信越シリコン KE-12)
・硬化剤
・ラッカーシンナー
・ブタバケ
・ガーゼ
・割り箸
・ゴム手袋

あと、画像には写ってませんが
・分割用の油土、または水粘土
・Kカラー(シリコン用着色剤)
・エアロジル(シリコンの増粘剤。微細なガラスの粉末)
・クリアラッカー(シリコン同士の離型用)
を用意。

RIMG0272.jpg
よし!気合入れて型取るか!
と思ったらシリコンも硬化剤も寒さで固化している…
オーブンで予熱。時間の無駄だ…冬は嫌だなあ。硬化も遅くなるし。

RIMG0273.jpg
予熱の間、分割用の壁を油土で作ります。
ダボ打ちとか超テキトーですが…合えばいーんです。
原型も油土だから、同化を防ぐ意味でも水粘土が良かったんですけどまだ買ってないんですよ…
新しい作業場は作業始めちゃってから「あっ!アレが無い!」って気が付きますよね。

RIMG0276.jpg
シリコンも十分温まりましたので、硬化剤投入。
一応主剤に対して硬化剤2,3パーセントって書いてありますが、こいつは何やってもたいがい固まるのでいちいち計量とかしません。
硬化を早めるために多めに入れます。

RIMG0277.jpg
気泡の巻き込みを避けるため、出来るだけ高い所から細ーくしてたらします。
あんまりゆっくりかけると粘性が上がって逆に気泡の元になるので注意。
大体全体にかかったらブタバケで塗り広げましょう。

RIMG0278.jpg
粘性があがるより前にエアーで細部にシリコンを押し込みます。
こんな時ハンドピースしか無いと不便…
ダスターでブシュッと行きたいですねえ。

RIMG0279.jpg
1層かけただけではエッジの鋭い部分が表面に出てしまいます。(画像の丸つけた部分)
2層目をかける前に、半硬化でペースト状になってるシリコンを塗り重ねます。
ラッカーシンナーを水代わりにして筆塗りすると良い感じ。あんまりジャブジャブつけるとシリコンがブヨブヨにふやけます。

RIMG0281.jpg
1層目がかけ終わりました。
とりあえず今日はここまで…
やっぱり1日3,4時間ではなかなか進まんなあ。
あまり時間を空けると2層目が剥離するんで一気にやりたいところなんですが。
冬は硬化が遅くて嫌だ…


では、また明日~(^^
Secret

TrackBackURL
→http://dogmince.blog55.fc2.com/tb.php/33-6e45f079
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。