--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
06/15/2009    ろくろが欲しい
どうも、ドッグミンチです。



ちょっと回転体が必要になったんですよ。
普通は旋盤にケミカルウッドとかを噛ませて作るんですけど、家にはそんな高価な機材も素材もありません。旋盤とか5,6万が最低ラインなんですもの。

そこで今回は新しい手法を探るべく、頭を悩ませて見ましたよ!
そうだ。前ハンズでロクロの入門セットが1万円くらいで売ってたなあ…
よしロクロで作ろう!ついでにロクロも買うのもったいないから自作しよう!

RIMG0607.jpg
そんなわけで今回は久しぶりの自作工具作り。
サフが1センチくらい積もったグデングデンの換気扇があって、もう捨てるかな~って事だったので素材にしました。

RIMG0608.jpg
まず、羽根を切り落とします

RIMG0610.jpg
サフを掃除して、スイッチオン!
おおっ!回ってる!い、いけるかも!

RIMG0611.jpgRIMG0612.jpgRIMG0613.jpg
カバーを外して、木製の天板をボルト止め。

RIMG0614.jpg
最後にドロ除けの壁をプラ板で装着!
完璧。すばらしい。
みんなハンズなんかでたっけえロクロ入門セットなんて買わなくってもいいんだよ。ゴミ捨て場から換気扇拾ってきて自作しよう!




…とか、思ってたんですけどね…
RIMG0615.jpg
ダメだこれ。さっぱり使えねー。
モーターのパワーが弱すぎて、粘土置いて手で形作ろうとすると止まるんですよ。
トランスでドーピングしても変わらず。
やっぱ所詮は換気扇。手で触るようには出来てないんですね。
ここまで半日。ああ、やること山積みなのに無駄な時間を過ごしてしまった…
これ何かに使えないもんかなあ。カポックにヤスリ掛けで形作るくらいなら止まらなさそうなんだけどなあ…だめかなあ…


RIMG0622.jpg
他にも色々試したんですよ。
電ドリのビットにファンド盛って、仕上げだけ回転させるとか…
真ん中でポッキリ折れやがってこれもボツ。
そもそも回転軸も削る軸もフリーハンドだから回転体になる訳がないとしばらくして気付く。ファッキン。

RIMG0616.jpg
換気扇でも回転数だけは高いので、紙コップでキャスト固めて、リューターで触れるか触れないかくらいで削っていけば…と試してみるも、やっぱり回転が途切れ途切れで回転体にならず。ボツ。


RIMG0618.jpg
RIMG0619.jpg
RIMG0620.jpg
結局、真ん中にボルト通した状態で固めたキャストをボール盤に噛ませてヤスリと彫刻刀で削りました。
くっそー、これなら旋盤でやるのと変わらないじゃないか。くやしいぃ…

RIMG0617.jpg
…ついでにこぼれた。

ああもう…なんかもう…もーいいや。今日は何やってもダメな日なんだな。
きっと家帰ってブログ更新してクソして寝ろって事なんだな。
はあ…。モンハンやって寝よ。

それでは、本日はこれで打ち切りです。お休みなさーい。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。