--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
03/18/2009    一仕事完了
ふう…ちょっと出張で兵庫まで行ってました。

最近更新頻度が落ちて来ましたね…いかんいかん!



蛇の巣が塗りあがりました。

RIMG0379.jpg
あとはつや消しクリア吹いて、50~60度のオーブンで12時間くらいガス抜きしたら完成です。
FRPは一見固まってるように見えても、そのままでは数週間ガスを放出しています。
人間にはどうって事ないレベルのガスなんですが、今回は爬虫類が中に入りますので念のため…
自宅でポリ張り込みしてたらインコちゃんが死んだなんて話も聞きますしね。
もう一つ、収縮を無くして強度を上げる意味もあります。


RIMG0348.jpg
これが抜いたまんまの状態。
まだ真っ白です。汚れを知らぬ少女のようにな!どう汚してやろうか。げへへへ

RIMG0350.jpg
まずはオイルステインで下地を作ります。
ステインは染料ですので、上からラッカーとか塗るといい感じに色が浮いてくるんですよ。
獣脂っぽい、黄ばんだ感じが生物感を出すのには最適。
おすすめの色はオーク!マホガニーとかチークとか、いくつか試したんですけど意外と赤いんです。

RIMG0372.jpg
上からラッカーのホワイトをドライブラシ。ひたすらこすります。
僕はあんまりプラモ作らないんでドライブラシってなじみが無いんですけど、基本凹んだ部分には色乗せちゃダメなんですねえ。
ちょっとやりすぎちゃいました。
白だけでは深みが無いので、肉っぽい赤、コケっぽい緑、脂っぽい黄土色なんかも上から重ねていきます。

RIMG0376.jpg
今回はバンブーさんが趣味で集めてるツィタデルカラーって言うのをちょっと使わせてもらいました。
ツィタデル…ドイツ語かなんかで「最強」って意味だったかな?
その名の通り、最強の隠ぺい力を持っていますw
真っ黒の地に赤をドライブラシしてもはっきり色が出るっていうから恐ろしい。
元々メタルフィギュア用の塗料で、小さい面積に極力薄い塗膜で色付けする為の仕様みたいですね。
日本ではメタルフィギュア専門店に行かないと置いてないとか。ありがとうございます!

RIMG0387.jpg
で、最後にモールド部分にブラック+フラットブラウンのエナメル塗料を流して、軽くウォッシングしたら完成!
ん!骨っぽい!

そういえば僕、骨格標本集めるのが好きなんですよ。
ネコとか猿とか狸とか…買った物もあれば森で拾ったのもあります。みんなカワイイ子ばっかりなので、そのうち紹介します。
それでは、本日はこれにて。おやすみなさい。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。