--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12/16/2008    粘土の選択
こんばんわ、真鍋です。

前回の記事で田亀源五郎が好きって書きましたけど、僕は別にゲイではありません。
ゲイじゃないよ!メールとか送ってこないでね!



さて蛇の巣ですが、大きさがあるので原型を油土でやると決めたんですが油土って言ってもいろいろあります。
レオンクレイ、リージャークレイ、NSP、インダストリアルクレイ…


レオン→柔らかい。粒子が荒い。1メートル超の物向き
リージャー→レオンよりは硬い。一昔前の特殊メイク用油土。コンロで溶かして流し込みが出来る。
NSP→リージャーより硬い。現在の特殊メイクの主流。同じく流し込み可。
IDクレイ→工業製品(携帯、カーモデル等)の試作に用いられる。とにかく硬い。流し込みは不可。

ちなみに特性はこんな感じ。



知り合いにもらったリージャーが大量にあったんで最初それでやってたんですが、無理!2,3センチ以下の厚さになるとヘラで押さえただけでグニャっと行きます。ありものでやれば材料費かかんないしな~とか、楽しようと思ったらだめですね。却下。
NSPは手持ちが少なくて、新しく買おうにも高い。財政難。却下。

結局IDクレイにしました。アルテ65と言うやつです。その名の通り65℃で溶けます。
実はIDクレイって初めてなんですが、これは楽しい!硬さはちょっと柔らかめのワックスみたいな感じ。
温めれば普通に指で形作れるし、掻き取るときの感覚が良いです。何ていうの?ソリッド?モリモリ形作れます。
よくIDクレイ使ってる人が「ああ、クレイを掻き取りたい!掻き取りたいい~!」って言ってるのがよく分かりました。もうスカルピーとか触りたくないですね。いや、嘘です。スカルピー最高。

KIF_2886.jpg
とりあえずこんな所。人ベースとはいえ、ちょっと人寄りすぎるか。もう少し形整ったら特長を出して行きたいです。


KIF_2888.jpg
新しくツールも作っちゃいましたよ。スカ用のツールだとバリバリ折れるんで、太めの糸ノコ刃で作りました。ガリガリ!削るよ!楽しい!

では、本日はこれにて。また。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。