--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11/06/2008    自作ツールの紹介2
どーもどーも、真鍋です。


昨日の仕事が完了しました。
クライアントからの返信待ちの間に、今日も自作ツールの紹介をしようかと思います。


今日のはツールと言うより機材って感じですが…


今日はコレ↓
KIF_2776.jpg


ダンボールの箱にしか見えないって?
いえいえ、これが大変重要な機材でして。


これは「自作恒温機」です。
オーブンですね。
と言ってもスカルピーとかを焼くオーブンではなく、庫内が70~80℃で安定する低温オーブンです。
ファンドとかラッカーパテの強制乾燥に使います。
あと、NSP等の油土の予熱にも使えます。

KIF_2777.jpg
蓋を開けるとこんな感じ。


特にファンドなんかはオーブン(トースター)で強制乾燥すると、温度が高すぎて膨らんだり割れたりしがちです。
しかも庫内が狭い!
業務用恒温機はバカでかいうえに200万とかするし、家庭用のはやっぱり小さいし、何か安くて大容量の物は無いか・・・
と思い作りました。

KIF_2778.jpg
KIF_2780.jpg
KIF_2779.jpg

段ボール箱に布団乾燥機(中古2500円)をくっつけただけ!安い!簡単!大容量!しかもタイマーつき!
思いついたときは思わず小躍りしました。

内側にはアルミホイルを貼って保温を高めています。一層貼るだけでかなり違いますよ。
中の箱は温風をモロに当てたいときのゲタです。

食器乾燥機も考えたんですが、箱の大きさの融通が効くのでこっちにしました。
なんだかんだで一万くらいするしね。


いやー、もうラッカーパテとか塗装とか、こいつがあると全然スピードが違います。
ドライヤー持ってなくていいし、広いからいくらでもぶち込めるし…
温風が直接当たると困るようなものは

KIF_2781.jpg
こんな風についたてを付ければOK。まんべんなく温まります。

壁にスチロールを貼れば更に保温が上がりますね。



おすすめ!です!よ。


では今日はこの辺で。お疲れ様でした。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。