--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12/24/2009    触手、新たな可能性
気が付けばもうクリスマスか…

クリスマスねえ…
世の中には、ドラマみたいな、あるいはJポップみたいな楽しい楽しいクリスマスを夢見ている方が大勢いらっしゃると思いますが…

人生の9割は、暗くて地味で辛~い時間である

というのが僕のモットーですので、皆さんにお伝えします。
素敵な出会いを夢見ていた君。今年も出会いは無かったな。来年も無いぞ。
念願の恋人が出来たとか言うお前。そんな楽しい時間がずっと続くと思うか?きっと来年は一人だよ。
今年も恋人と過ごすっていうあなた。今、本当に心の底から楽しいですか?妥協や、惰性や、諦めは無いですか?純粋に楽しめるのは最初の1年だけです。

心の底から楽しい時間って、なかなか見つからないですよねえ…
メリークリトリス!




さて、クリスマスにペシミスティックな呪詛を投げかけた所で今日の本題です。
懲りずにまたもや触手のお仕事ですよ!
コスプレの小道具なんですけど、こいつ↓の杖を作ります。あと、杖から伸びてる長触手(別パーツ、5メートル)。
nix_01.jpg
今回のはいつもとちょっと違って、表面がツルツルなんですよね…
しかも色は鮮やかな青!うーん、これはラテじゃ無理だなあ。

そこで触手の新たな可能性を探るべく、今回はガワを布張りにしてみます!
RIMG0829.jpg
オカダヤで生地を購入。青のサテン。
あんまり詳しくないんですけど、1ウェイっていう縦方向だけにストレッチする生地です。
造形屋でよく使うのは2ウェイで、縦横両方向にストレッチします。戦隊物の全身タイツとか、3次曲面の張り込みに使うみたい。
ほんとは2ウェイを買いに行ったんですけど、青のサテンは1ウェイしか無いって…
まあいいか。


RIMG0830.jpg
そしてミシンも購入。
リサイクル屋で4000円。しかもメーカー物(ジャノメ)。
オプションパーツにキャリーバック、取り説、「正しいミシンの縫い方」(VHS)に、試し縫い用の生地まで付いてきた!
ビバ!リサイクルショップ!

RIMG0832.jpgRIMG0834.jpgRIMG0837.jpg
裁縫なんて小学校の家庭科以来なんでちょっと心配…
えーと、マチ針で2つ折りに留めて、縫い目がほつれないように2列縫い…先っぽは袋状に。
ネットで調べてやってみる。
ん、大体OKかな…


RIMG0838.jpgRIMG0839.jpg
そうそう、袋縫いって裏返すのがすっげーめんどくさいんですよね…
しかも今回は直径2センチ、長さ5メートルだ!何時間かかんねん。

RIMG0840.jpg
ここまでで3時間…
ゲッソリ。



RIMG0847.jpg
! ひらめいた !
2つ折りにするとき、ガムリャンみたいな丈夫なテープで止めて…
RIMG0848.jpgRIMG0849.jpg
縫い終わったらテープを引っ張る!
ビーッと!

すげえ!10分で終わった!俺天才!
って話を先輩にしたら、え、みんなやってるんですか?マジで?



R0011539.jpgR0011541.jpgRIMG0836.jpg
次は中身を作ります。

まあ作るっても、20パイのウレタンを先細りに削るだけですが。
今回使用したのは積水化成のライトロンロッド。
本来は建築用で、サッシとか建物の隙間にコーキングを打つ時のバックアップ材として開発されたんだとか。
隙間がでかすぎる場合、コーキングが下に落ちちゃわないように詰めておく物ですね。
カポック原型の時にも結構重宝します。



それで、最後にこのライトロンに布のガワをかぶせないといけないんですが…
当然5メートルもあると摩擦がでっかいですよね…
さてどうしたものか…





RIMG0843.jpg
やっぱりなじみの深いものが一番だよね。
ってな訳で、毎度おなじみローションでございます。
800G入りの特大サイズ。

どうでもいいですが、ローション買うとき「領収書おねがいします」って言うと面白いくらい店員の態度が変わりますよ。
「あっ、業界の方だ!」みたいな。


RIMG0844.jpg
ワカメ。


RIMG0845.jpg
おおっ、スルスル入る!
なじむッ!じつになじむぞッッッ!!
服はローションまみれになりましたが…


R0011542.jpg
床をベッタベタにしといてなんですが、普通はビニール袋を間に挟んでかぶせるらしいです。
2つ折りにして滑らせて、最後に引き抜く…
うーん、これからは作業始める前に誰かに相談するようにしよう。
コンドームみたいにケツを縛って完成。

R0011543.jpg
水洗いしてローションを落とした後、乾燥機で乾かします。

R0011558.jpgR0011555.jpgR0011557.jpg
完成!

おっ、15年ぶりくらいに裁縫したけど、意外にきれいにいって安心。
縫い目も存外目立たないもんですねえ。布スキルLV1を習得した!

かなり曲げてもシワ寄らないし、1ウェイなのが逆に良かったのかも。
次は杖本体の製作!
ポリ仕事!めんどくせえ!




おっと、気が付いたらもうこんな時間。
今日もアマガミやって寝るとするか…
それでは皆さん、メリークリトリスマス!避妊はちゃんとしてね!
おやすみなさいm(_)m
スポンサーサイト
08/28/2009    触手原型
どーもこんばんわ。
なんか、この前やった触手の仕事がライブドアのニュースに出てたので宣伝しときます。

Vシネマ『名波はるか 触手凌辱』(SODクリエイト)
9月19日リリースだそうです。

記事はこちら↓
http://news.livedoor.com/article/detail/4313451/


着エロとか見ないのでよく分かりませんが、ひょっとしてけっこう有名な女優さんだったんでしょうか?




さて前回言ってた触手は、どうやらマジで挿入するらしいのでシリコンで作りますよ!
アルテ粘土で原型作って石膏型です。

R0011241.jpg
原型はとりあえずこんなん。
おお、えげつない。ブックオフで触手アンソロジーとか買ってみました。レジの女の子が顔をしかめていた。フヒヒ。

中にバイブ仕込んでうねうね動きます。
こっちもそのうちメイキングを。



それでは、本日は宣伝のみにて。チャオ!
07/18/2009    なんか触手マイスター
どうも~、お久しぶりです。DOG MINCEです。



R0010883.jpg R0010886.jpg R0010885.jpg

また触手の仕事(アイドルのイメージビデオ)が入ったので、ここ半月くらいかかりっきりでした。
まあ5メートルの物を40本近く作ったんで製作も大変だったんですけど、現場が押しに押して…終了が翌日の朝8時ですよ。
疲れた…
黒い触手ってのも斬新かな?


けど、今回のでかなりギミック物に強くなりましたよ!自転車のブレーキを加工してワイヤーを仕込む方法を覚えました。


R0010830.jpg R0010831.jpg R0010832.jpg

基本的にはこんな構造です。
板/ウレタン/板/ウレタン/...
を、ワイヤーORテグスで引っ張ります。先端の板だけが結んであるので、釣竿みたいな感じで間の部分が自然に曲がる…はずなんですけどね。
実際やってみると色々な問題が。

・物が大きいので、テグスで表情付ける前に自重でたれちゃう、とか…
・ギミックの外側にウレタンで外皮を付けるから、そこにワイヤーの摩擦が、とか…
他にも、
・板とウレタンの距離は?とか
・ウレタンの硬さは?とか
・心材の硬さ
・Gボンドを塗る範囲
・外皮を柔らかく仕上げる方法。。。

試行錯誤の連続でした。
最終的に外側がビニールとスチールで被覆してあるので摩擦の影響を受けない、自転車のブレーキワイヤーって結論になるんですけど、この方法って特撮業界ではすごい昔からある手法らしいですね。
現場でカメラマンのおじさんが懐かしそうに見てました。
やっぱ、何事も先達はあらまほしきことですなあ。


R0010887.jpg R0010889.jpg

触手のコントローラー。二つ並んで某28号みたいになってます。
♪胸ーの谷間にガオーってか。行け!鉄チン!違う!



R0010890.jpg R0010826.jpg R0010827.jpg

自転車の空気入れを仕込んで、射精するギミックも作りました。
牛乳を混ぜた濃い目のローション入れると良い感じにブビュっと出て、良い出来です。
こっちはわりとすんなり決まりましたね。
調子に乗って空気入れすぎると、ローションタンクが爆発して大変なことになりますが。

来月あたりもう一本触手の仕事入ってるし(今回はガチのAV)、なんかもう触手職人みたいな感じです。マイスター目指しちゃおうかな。
見てるかどうかわかりませんが夜空ゆかりさん、触手物に御出演の際はぜひ御用命を!
(僕の同級生3コ下の後輩で、最近アイドルデビューを果たされたそうです。DVDとか出てるからみんな買ってね!)






あ、そういえばそろそろワンフェスですね。
一応今回の卓番を告知させていただきます。

A-1-8 チームチーター

よりの出展となります。ちなみにアダルトゾーン。
今回は変にベースとか凝らずに、ひたすら似顔絵フィギュアを作ってます。
勉強になるわ~
そっちの画像もまた今度。














R0010825-2.jpg
だるま憲兵のほうは、ジオラマも、モブも…
って欲張ってたら壮大なサイズになってきたので、しばらく冷却。
頭を冷やせ…COOLになるんだ…

それでは、今回はこの辺で。ありがとうございました(^^)
06/01/2009    製作代行2
どうもご無沙汰しております。DOG MINCEです。

いやー、最近は仕事が超忙しくってブログ更新する時間もありませんでしたよ。
ネタ切れとかとちゃうで?ほんまやで?


と言いますのも、この前ようやく念願の商業原型デビューを果たしたんですよ!
しかもキャラ物!うれしいです。
と言っても5,6センチの小さいやつですが。
こういうのって発売のアナウンスがあったら書いても良いんですかね?発表があったらメイキングでも載せようかと思います。
いや、メイキングとかはまずいのかな…?その辺まだよく解りません。
お仕事くださったGさん、本当にありがとうございました!及第点が頂ければいいのですが…^^






それはそうと、製作代行の記事が中途半端だったので、今更ですが完成編をお送りいたします。

RIMG0482.jpg
えーっと、たしか前回はこれ↑が

こう↓なるところまでお送りしたんでしたっけ。
RIMG0499.jpg





RIMG0501.jpg
基本的にはシャブいエナメル塗料を全体にバーっと筆塗りして、ちょっと乾かしたらシンナー含ませたウエスでふき取る、の繰り返しです。いわゆるウォッシングですね。
一応サフレス塗装って事になるんですかね。プライマーは吹きません。

RIMG0505.jpg
実際の骨を見つつ調整…
あ、うちのコレクションたちです。かわいい子が揃ってますでしょ?
左から猿、猫、タヌキです。
猿は地上で白骨化したもの、猫は水中で白骨化、タヌキは薬品で脱脂された物です。
過程によって色にかなり差が出るんですね~

RIMG0504.jpg
んー、とりあえず第一段階。
全体をフラットブラウン+ブラックでウォッシングした感じです。
いまいち締まらないので、目の周りとか極端な凹みとかに赤茶や青茶で刺し色していきます。


RIMG0507.jpgRIMG0510.jpgRIMG0522.jpg
RIMG0513.jpgRIMG0524.jpgRIMG0518.jpg
6体完成。
ペギラさんが良い出来に仕上がりました。
鼻腔をリューターで掘り込んだのが効いてますかね。
塗料の拭取り方でかなり印象が変わるみたいです。
個人的には綿棒をちょっとエナメルシンナーで湿らせてこすり取るのが好きですね。
先が尖ってるタイプだと微妙な調整がしやすいですよ。

RIMG0531.jpgRIMG0535.jpgRIMG0532.jpg
RIMG0534.jpgRIMG0536.jpgRIMG0537.jpg
最後につや消しクリアーでトップコートして、ハンズで買ってきた飾り台と2mmの真鍮線で飾りつけ。
おお、高級感が。
ここまでくるとネームプレートとかも作りたくなってきますねw
モデラとかが使えれば一瞬なんですけどね…勉強しようかなあ。



復帰第一弾はこんな所で。
次も早く書けるように善処します。それでは~^^
04/29/2009    製作代行1
ほあ!!復活!



お久しぶりです~。
ここの所公私共に残念な出来事が多く、突然のアパシーに襲われてしまいました…
ファッカー!

うーん、いまいちテンション上がらないなあ…
システム・オブ・ア・ダウンでも流してヘドバンしながら書こうかな。
実はヘビメタ好きなんです。



最近のお仕事は、フィギュアの製作代行のご依頼を受けました。
といっても美少女フィギュアじゃなくてクリーチャー系ですけどね。
GALVANICさんのウルトラ怪獣頭骨シリーズです。
RIMG0481.jpg
RIMG0482.jpg
ゴモラ・グビラ・ペギラ・マグラ・ネロンガ・レッドキングの6体。
製作代行って初めてやりますけど、修正とかしてると勉強になるし良いですね!
キット作るのも大事ですよね。

RIMG0483.jpgRIMG0484.jpg
まずは離型材をプレソルベントで落とします。
歯ブラシは半分くらい極細毛が混じってる物を使うと凹んだ部分もよく取れてグッド。
新品よりも使い古して毛先が開いてる物のほうがなじみが良いですよ。

離型材落としってのも色々方法があるみたいですね。
今回は溶剤で落としましたけど、一番いいのはクレンザーを中性洗剤でペースト状にした物を歯ブラシにつけてゴシゴシこするって方法らしいです。
クレンザーに研磨剤が入ってるので全体に軽ーくペーパーかけたような効果が得られます。
美少女フィギュアみたいなツルツル仕上げだとキズが怖いですが、今回みたいなテクスチャー系のキットには最適です。

RIMG0487.jpg
シームをリューターで削って消していきます。
今回は骨ですので削りっぱなし。こういう荒々しいテクスチャはむしろペーパーかけると細部がぶっ飛んじゃいます。
極細の丸ビットで周りのモールドを延長する感じでなじませましょう。

RIMG0489.jpg
おっとペギラさん。
下あごががっつり歪んでます。キャストは経年劣化が激しいですからね…

RIMG0491.jpg
こんな時はドライヤーで温めて2パーツをグッと押さえる→ダスターで強制冷却
で、修正。

RIMG0496.jpgRIMG0497.jpg
またしてもペギラさん!
牙の先端にでっかい気泡が!まあどうやっても入る形状ですけど…
小さい気泡ならシアノンっていう白い瞬着で埋めてちょっとペーパー当てて終了なんですが、こいつは1ミリくらいのでっかい気泡だったので上半分を切断!
他のキットの湯口を適当な大きさに切って貼って、ナイフで作り直しました。

シアノンってすごい便利なんですけど、本当にどこにも売ってないんですよね。
WAVEかどっかから「黒い瞬着」ってのは出てるんですけど、サフレス仕上げではがっつり目立つので使えません。
そもそも、なぜよりによって黒?せめてグレーとかなら使いやすいんですけどねえ…
白使ってる人はどこで買ってるんでしょう?

RIMG0499.jpg
6体の修正が完了。
思いのほかパーツ数が多くって1日掛かっちゃいました。
塗装編はまた次回!

それでは、本日はこれにて^^
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。