--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
06/15/2009    ろくろが欲しい
どうも、ドッグミンチです。



ちょっと回転体が必要になったんですよ。
普通は旋盤にケミカルウッドとかを噛ませて作るんですけど、家にはそんな高価な機材も素材もありません。旋盤とか5,6万が最低ラインなんですもの。

そこで今回は新しい手法を探るべく、頭を悩ませて見ましたよ!
そうだ。前ハンズでロクロの入門セットが1万円くらいで売ってたなあ…
よしロクロで作ろう!ついでにロクロも買うのもったいないから自作しよう!

RIMG0607.jpg
そんなわけで今回は久しぶりの自作工具作り。
サフが1センチくらい積もったグデングデンの換気扇があって、もう捨てるかな~って事だったので素材にしました。

RIMG0608.jpg
まず、羽根を切り落とします

RIMG0610.jpg
サフを掃除して、スイッチオン!
おおっ!回ってる!い、いけるかも!

RIMG0611.jpgRIMG0612.jpgRIMG0613.jpg
カバーを外して、木製の天板をボルト止め。

RIMG0614.jpg
最後にドロ除けの壁をプラ板で装着!
完璧。すばらしい。
みんなハンズなんかでたっけえロクロ入門セットなんて買わなくってもいいんだよ。ゴミ捨て場から換気扇拾ってきて自作しよう!




…とか、思ってたんですけどね…
RIMG0615.jpg
ダメだこれ。さっぱり使えねー。
モーターのパワーが弱すぎて、粘土置いて手で形作ろうとすると止まるんですよ。
トランスでドーピングしても変わらず。
やっぱ所詮は換気扇。手で触るようには出来てないんですね。
ここまで半日。ああ、やること山積みなのに無駄な時間を過ごしてしまった…
これ何かに使えないもんかなあ。カポックにヤスリ掛けで形作るくらいなら止まらなさそうなんだけどなあ…だめかなあ…


RIMG0622.jpg
他にも色々試したんですよ。
電ドリのビットにファンド盛って、仕上げだけ回転させるとか…
真ん中でポッキリ折れやがってこれもボツ。
そもそも回転軸も削る軸もフリーハンドだから回転体になる訳がないとしばらくして気付く。ファッキン。

RIMG0616.jpg
換気扇でも回転数だけは高いので、紙コップでキャスト固めて、リューターで触れるか触れないかくらいで削っていけば…と試してみるも、やっぱり回転が途切れ途切れで回転体にならず。ボツ。


RIMG0618.jpg
RIMG0619.jpg
RIMG0620.jpg
結局、真ん中にボルト通した状態で固めたキャストをボール盤に噛ませてヤスリと彫刻刀で削りました。
くっそー、これなら旋盤でやるのと変わらないじゃないか。くやしいぃ…

RIMG0617.jpg
…ついでにこぼれた。

ああもう…なんかもう…もーいいや。今日は何やってもダメな日なんだな。
きっと家帰ってブログ更新してクソして寝ろって事なんだな。
はあ…。モンハンやって寝よ。

それでは、本日はこれで打ち切りです。お休みなさーい。
スポンサーサイト
こんばんわ。ギャリソン真鍋です。


今までさんざん実名で記事書いといてなんですが、知り合いに「よく実名で書けるね。俺は怖くて無理」という突っ込みを会うたびに言われるので、今回からペンネームを使うことにしました。
今日からは真鍋改めギャリソン真鍋とお呼びください。よろしく。

ペンネームって昔から憧れてたんですよね。BUBBAとかオシリスとかコンバット越前とか。プロっぽいじゃないスか。
尚、ペンネームは気分次第で予告無しに変更する場合がございます。御了承下さい。



さてさて、年の瀬も押し迫ってまいりました。皆さん大掃除はお済みでしょうか?
僕もエアブラシのトリガーの戻りが悪いので久しぶりに掃除することにしました。
多分根元あたりに逆流した塗料が固まってるんじゃないかと…
でもピースのパーツって細かいのが多いから「あっ!あのパーツが無いっ!」って言って2時間くらい部屋を探し回ることがよくありますよね…
そこで今回ご紹介するのはこのツール。

TS380119.jpg
ハンドピースのお掃除箱です。
100均のビーズとか入れるやつの壁を切り飛ばして、大小2部屋に分けたものです。

TS380116.jpg
僕が使ってるのはタミヤのスプレーワークHG。
ダブルアクションって便利だけど機構が複雑なので、手入れが大変なんですよね…丸漬けじゃ汚れ落ちないし。

TS380115.jpg
バラしたところ。

TS380113.jpg
特に針先とノズルパーツとトリガーパーツは要注意!
トリガーは本体に固定されていないので、外すと向きが分からなくなってしまいます。
バラす前に向きをよく覚えておきましょう。
昔はよくニードルの先曲げちゃって親に殴られました。

TS380112.jpg
大きいほうに溶剤を入れて、パーツを全部ドブ漬けします。
僕はアセトンを使っていますが、シンナーでもリターダーでも大丈夫です。
大きい部屋の壁は全部切り取らずにちょっとだけ残しておくと、パーツ全体に溶剤が行き渡るのでベネ(良し)。

TS380114.jpg
蓋を閉めて1,2時間放置。
アセトンは揮発が超はやいので、蓋付きのケースだと便利です。頭も痛くならないしね。

TS380112.jpg
汚れが浮いたら歯ブラシと筆でよく洗います。
なぜか毎回ピンクの汚れが出てくるんですよね…そんなに赤使ってたかなあ?

洗い終わったパーツから小さい部屋に入れていきます。これで紛失の心配無し!便利!


TS380116.jpg
パーツが乾いたら組み立ててお掃除終了です。



よし!これでトリガーも流れるように元に戻るぜ!

…と思ってたんですが、あんまり変わりませんでした。
どうやらコンプレッサーの馬力不足が原因のようです。リニアじゃな…フィギュアくらいのサイズなら特に問題無いんだけど、出来ればもっと強力なの欲しいなあ。



次は家中の刃物を砥ごうかと思います。良いですよね、刃物。
では皆さん良いお年を。
11/14/2008    自作ツールの紹介3
オッハー!真鍋です。

今日も今日とて、自作ツールの紹介をいたします。


正直に言うと、これは失敗作です。正直あっても無くてもいいツールです。
むしろ労力の割りに使い道の無い…まあ、とりあえずはどうぞ。


今回はこれ↓
KIF_2810.jpg
TS380065.jpg



「左刃」というツールがあるんですよ。別名「象牙刀」「左刀」とも呼ばれます。
その名の通り、象牙を彫刻するツールです。
KIF_2811.jpg
KIF_2812.jpg


4年位前にハンズで実演販売してたんで、使い方をレクチャーしてもらって試しに買ってみたものです。
ちなみに使い方は
TS380068-2.jpg
こんな感じ。

支点の指は一切動かさず、「彫る」というより「表面を削る」感じで使います。
象牙ってひたすら硬いので、これがベストの工法だったのでしょう。江戸時代の末期に開発されたらしいですが、現代でもバリバリの現役。やっぱり江戸文化は偉大ですね。

ちなみにこの道具、面出し・スジ彫り・毛彫り・えぐり等々、工程の分だけ専用の形状が存在します。
SAVE0003.jpg


プロの職人さんともなると、アールや角度の微妙に違う左刃を一人150~200本は所有していると聞きます。
すさまじい…



で、話が逸れましたが今回のツールです。
左刃の「削り取る」という使い方に着想を得まして、もう焼いてしまったスカルピーで「あー、ここもうちょっと凹ませたいなあ…」って部分を削るツールを作ろうと思ったわけです。
特に入り組んだ部分に使う事が多いので、左刃みたいに横向きに刃を当てるやり方でなく、正面に刃がある形にしました。


TS380062.jpg
今回はゲリョス君の、下あごの削りこみに使ってみました。

TS380058.jpg
ペンで引っかくような感じで削っていきます。

TS380060.jpg
大体形が出たらペーパーでならします。

TS380070.jpg
はい!削れました!



…ぶっちゃけリューターで削ったほうが早くね?


ハンズで買ってきたアカタガネを、グラインダーで削って木の棒に引っ付け、砥石で刃を立てて焼きを入れたんですよ。4日もかけて作ったんですよ。思いついたときは「俺、天才!」とか思ったもんですよ。

ああ、勢いで買ってきた大量のアカタガネ…虚しい…
TS380066.jpg

まあ、失敗は成功の母ですよ…そんなこともありますよ…江戸の文化は偉大ですよ…

強いて良い点を挙げるとすれば、ペンで描くような感覚でスジ彫りが出来ると言うことでしょうか。
僕、絵を描く時はボールペンかペンなので、その辺の感覚にはマッチしていますね。

自作ツールは難しいなあ。これに懲りずにまだまだ新しいツールを作っていきますよ!
いつか画期的なツールが誕生するはずです!


では、本日はこれにて。次は使えるツールを紹介しますm(_)m
11/06/2008    自作ツールの紹介2
どーもどーも、真鍋です。


昨日の仕事が完了しました。
クライアントからの返信待ちの間に、今日も自作ツールの紹介をしようかと思います。


今日のはツールと言うより機材って感じですが…


今日はコレ↓
KIF_2776.jpg


ダンボールの箱にしか見えないって?
いえいえ、これが大変重要な機材でして。


これは「自作恒温機」です。
オーブンですね。
と言ってもスカルピーとかを焼くオーブンではなく、庫内が70~80℃で安定する低温オーブンです。
ファンドとかラッカーパテの強制乾燥に使います。
あと、NSP等の油土の予熱にも使えます。

KIF_2777.jpg
蓋を開けるとこんな感じ。


特にファンドなんかはオーブン(トースター)で強制乾燥すると、温度が高すぎて膨らんだり割れたりしがちです。
しかも庫内が狭い!
業務用恒温機はバカでかいうえに200万とかするし、家庭用のはやっぱり小さいし、何か安くて大容量の物は無いか・・・
と思い作りました。

KIF_2778.jpg
KIF_2780.jpg
KIF_2779.jpg

段ボール箱に布団乾燥機(中古2500円)をくっつけただけ!安い!簡単!大容量!しかもタイマーつき!
思いついたときは思わず小躍りしました。

内側にはアルミホイルを貼って保温を高めています。一層貼るだけでかなり違いますよ。
中の箱は温風をモロに当てたいときのゲタです。

食器乾燥機も考えたんですが、箱の大きさの融通が効くのでこっちにしました。
なんだかんだで一万くらいするしね。


いやー、もうラッカーパテとか塗装とか、こいつがあると全然スピードが違います。
ドライヤー持ってなくていいし、広いからいくらでもぶち込めるし…
温風が直接当たると困るようなものは

KIF_2781.jpg
こんな風についたてを付ければOK。まんべんなく温まります。

壁にスチロールを貼れば更に保温が上がりますね。



おすすめ!です!よ。


では今日はこの辺で。お疲れ様でした。
11/05/2008    自作ツールの紹介1
どうもどうも、真鍋です。


ブログ始めたばっかでなんですが、飛び込みの仕事が一件入ったので今日はモンハンはお休みです。
Q様すいません!

ていってもただの複製仕事なんで、明日で終わりますが。



と言うわけで、今日は硬化待ちの間に僕が大好きな自作ツールを紹介しようと思います。
ツールの自作はいいですよね~。
なんか、ツールが一つ増えると自分のスキルが一つ増えたような気になります。錯覚ですが。


これからもネタに困ったら家にあるツールやら作り方やらの紹介をチョコチョコしていこうと思います。




えー本日ご紹介いたしますのは、造型屋なら誰もが持っているであろう定番ツール。
「タミヤの塗料攪拌棒」と「掻き取りツール」です。


KIF_2771.jpg


上から攪拌棒、掻き取り(小)、掻き取り(大)、掻き取り(特大)です。

攪拌棒は本来の用途で使われる事はまず無いですね(笑)
凹んでる側に塗料がたまって掃除しにくいんですよ。僕は調色するときは爪楊枝を使い捨ててます。

TS380047.jpg
TS380048.jpg

こいつは少量の盛り付け、微妙な部分の形出しに使っています。
本来攪拌棒の肉厚はけっこうあるので微妙な作業には向いてませんが、上の写真くらい削りこんでやれば市販のスパチュラでは手が入らない部分の成形に使えます。
木の棒にぶっ刺して使います。
全ツール中一番使用頻度が高いですかね。





TS380045.jpg

こちらは掻き取りツール。

真鍮パイプに、バローべっていう糸ノコの細いやつをライターで曲げて引っ付けたものです。
(特大)は、前いた会社のゴミ箱から拾ってきたバンドソーの刃。
どちらもそのままだとがっつり粘土に跡がつきますので刃のとがった部分はあらかじめペーパーで落としておきましょう。

TS380049.jpg
いろいろ番手があるので、4種類くらいあると便利です。ハンズに売ってます。


バローべはメチャクチャ折れやすいので、根元をエポパテで補強。
ちょっと無理な力入れるとポッキリ逝きます(泣)
机から落としただけでも死ぬスペランカーみたいな奴ですが、こう見えて使える(笑)
保管する時も要注意です。
まあ折れても瞬着で治せますけどね。


TS380043.jpg
TS380044.jpg

具体的にはこんな感じ↑で使います。
スカルピーで大まかに形を作ると、意外と表面は凸凹しています。
焼いてからペーパーあてても良いんですが、焼かずにある程度面を出したいときはこいつの出番ですね。
大体面が出たら指かテレピン油で慣らします。




普通掻き取りツールと言うとコレ↓

KIF_2772.jpg

ですね。
僕の尊敬するIDクレイ使いのグレイクレイさん
http://grayclay.cocolog-nifty.com/blog/
もこちらを使ってらっしゃいます。

IDクレイは固めの粘土なのでこれで大丈夫なんですが、スカルピーは柔らかいうえにネバッとしているので、これで形作ると他の所まで変形しちゃうんです。
なので掻き取り+削り取りみたいなツールが必要なのであります。

特大はスカルピーではあんまり使いません。IDクレイ用ですかね。




とりあえずはこんな感じです。
自作ツールは僕の趣味です。まだまだ一杯ありますよ~。こいつぁ使える!って物から、とりあえず作ってみたけどぶっちゃけダメじゃね?ってものまで…
皆さんもおすすめの自作ツールがあればお便りください。ぜひぜひ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。